ヒロメノトガリアミガサタケ Morchella costata

ヒロメノトガリアミガサタケ Morchella costata

春、林内地上に発生する。近縁種と比べ、名前の通り頭部の網目がかなり広く、横の脈が少ない。また、かなり大型になり、高さが25 cm近くになるものもある。大きさの割に肉は薄く、アミガサタケ属の中では独特の外見、質感をしている。
他のアミガサタケ類よりやや遅れて発生するようだ。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

広告