フクロツルタケ (広義) Amanita volvata s.l.

フクロツルタケ (広義) Amanita volvata s.l.

致命的な毒きのこ。傘には白色から帯褐色の小鱗片があり、時に大きなつぼの破片をのせる。柄につばはなく、袋状の大きなつぼを持つことも特徴。傷つくと赤褐色に変色する。
従来フクロツルタケとされてきたきのこは現在3つの類似種 (アクイロウロコツルタケ A. avellaneosquamosa、シロウロコツルタケA. clarisquamosa、およびフクロツルタケ) からなるとされるている。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中