フチドリタマゴタケ Amanita rubromargimata

フチドリタマゴタケ Amanita rubromargimata

2004年に新種記載されたテングタケ属のきのこ。沖縄県の八重山諸島において、スダジイやオキナワウラジロガシからなる林内で報告されている。タマゴタケと比べ傘が褐色を帯び、ひだには赤色の縁取りがある。また、つばも比較的赤みが強い。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中