ヘタタケ Camarops petersii

ヘタタケ Camarops petersii

広葉樹の材から発生する。子実体はコマ型。クロコバンタケ C. polyspermaが材から飛び出したような見た目をしている。実際に両種は近縁で子座表面の様子はよく似ており、黒色、小さないぼ状の子嚢殻におおわれる。幼菌のうちは褐色の外皮におおわれるが、成熟するにつれて開いていき子座を露出する。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中