ヘビキノコモドキ Amanita spissacea

ヘビキノコモドキ Amanita spissacea

夏から秋、各種林内に発生するテングタケの仲間。灰色みを帯びた傘に黒褐色のいぼを乗せる。肥大した柄の基部にはつぼの破片がリング状に並ぶ。白い膜状のつばがある。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

 

広告