マツオウジ Neolentinus suffrutescens

マツオウジ Neolentinus suffrutescens

針葉樹の材から発生する大型のきのこ。鱗片を持つ傘、柄と鋸歯状のひだが特徴。
キカイガラタケ目に属し、かつて近縁とされていたシイタケやヒラタケなどとは系統的にかなり遠い種である。従来はつばを持つものと持たないものの2タイプがあるとされていたが、現在、つばを持つものは別種(ツバマツオウジ N. lepideus)とされている。
非常に肉質が良く、爽やかな樹脂様の香りを持つことから食用とされてきたが、人により中毒をおこすため注意が必要。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中