ミミブサタケ Wynnea gigantea

ミミブサタケ Wynnea gigantea

ウサギの耳が集まったような奇抜な形のきのこ。地中に埋まった菌核より発生する。
広葉樹林の倒木の近辺に発生し、倒木の集まりやすい谷筋でよく見られる印象だ。
発生は稀とされる。ナラタケと関係があるという説もある。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中