ミヤマベニイグチ Boletellus obscurecoccineus

ミヤマベニイグチ Boletellus obscurecoccineus

夏から秋、主にブナ科の林内に発生する。傘は赤く、細かくひび割れることが多い。管孔は黄色で柄の周辺が陥没する。傘の肉に弱い変色性をもつこともあるが、管孔は変色しない。柄の基部に白い菌糸を持つのも特徴の一つ。
京都では暑さの厳しい時期でも目にすることができる。
キクバナイグチ属のきのこで胞子には縦方向のすじ状の模様がある。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中