ロクショウグサレキン Chlorociboria aeruginosa

ロクショウグサレキン Chlorociboria aeruginosa

鮮やかな青緑色をした子嚢菌。茶碗型で、柄が中心についている点が特徴。似た仲間に柄が偏心性のロクショウグサレキンモドキ C. aeruginascens、椀が浅く中央が白色を帯びるヒメロクショウグサレキン C. omnivirens がある。
この仲間が感染した材は青緑色に染まり、きのこが発生していないときでも森の中でよく目立つ。この材を用いて布を染色することもできる。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る